« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月 アーカイブ

2010年02月01日

「四間道 (しけみち)」

名古屋城築城とともに、城下町は明確な計画に基づいて整備されていった。
お城近くは武家屋敷。その南には、東西南北整然と正方形に区画された商人町がつくられた。

「碁盤割り」 という。さらに南の大須あたりと、建中寺のある東区あたりには寺町が形成された。
熱田の湊と名古屋城を結ぶ堀川沿いには,水運を利用する商家が立ち並んだ。

お城と名古屋駅との中間地点に、「四間道」 と呼ぶ道が堀川に並行して走っている。
道幅が4間 (約7m) という、当時としてはとても広い道路なのである。

四間道沿いには火災に強い土蔵が並び、商家は物資運搬のためもあって堀川側を向いている。
広い道と土蔵との組み合わせは、元禄13年の大火から学んだ延焼を防ぐための方策なのである。

%E5%9B%9B%E9%96%93%E9%81%93.jpg

        《高い石積みと黒板・白壁の美しい街並みである》

2010年02月04日

「屋根神さま」

「四間道」 沿いにある古くからの住宅に、立派な屋根神さまがあるのを見つけた。
尾張地方特有で、小牧や清須などにも点在するが、名古屋市、特に西区にたくさん見られるという。

写真の社の説明板には、厄除の津島神社、火伏の秋葉神社、そして熱田神宮を祭神とするとある。
町内とか隣組といった小組織で祭祀を行い、「町内神社」 「氏神さん」 などと呼ぶ地域もあるという。

この地方だけの風習として、なぜ、地面から離して屋根の上に神さまを乗せたのであろう?
これはまったくの素人である私の推論であるが、“洪水時に水没させないため” ではないだろうか。
(木曽三川の輪中地域では、洪水時に仏壇を2階に引き上げる「上げ仏壇」というのがあるという)

名古屋の町は、400年前の清州越しによって形成された。清州は五条川沿いにあるので・・・
洪水から守るため社を上げる風習があり、その文化が名古屋に移転したのではとの推測である。

%E5%B1%8B%E6%A0%B9%E7%A5%9E%E6%A7%98.jpg

    《私の説はまゆつばもの だれか詳しい方教えてください!!》

2010年02月08日

「岩倉街道」

清州から名古屋に町が移転 (1610年の清州越し) すると、名古屋城下に人が集まってくる。
当然、食料が必要とされることから、家康は枇杷島に青物 (野菜類) 市場を開設する。

岩倉街道は、尾張北部方面からの青物を荷車に載せて、枇杷島まで運んだルートである。
市場で野菜を売りさばいた人々は、帰りに味噌や油といった生活用品を購入したという。

そのため街道沿いには商家が立ち並んでいた。庄内緑地の北側 (旧・小田井村) には今も・・・
古い街並みや寺社が残っていて、名古屋市の 「街並み保存地区」 に指定されている。

写真は往時の面影を残す米屋さん。建物もさることながらお米の秤 (はかり) もなつかしい。
ヨーロッパの朱色の屋根や蜂蜜色の壁も美しいが、日本の黒い瓦や板壁も負けていないと思う。

%E4%BD%90%E5%B1%8B%E8%A1%97%E9%81%93.jpg

     《大型車には狭いかもしれないが のんびり歩くには適度なスケールである》

2010年02月11日

「東海道の渡し舟」

東海道は江戸・日本橋から京・三条大橋に至る、約500kmにもおよぶ街道である。
途中いくつかの川を渡るけれども、海を渡るのは唯一 「宮の宿」 から 「桑名宿」 までである。
「七里の渡し」 という。熱田神宮近くの宮の渡しには灯台の役割を果たす常夜灯が残っている。

%E5%AE%AE%E3%81%AE%E6%B8%A1%E3%81%97.jpg

《海側から見た宮の渡し 丸の中が 「常夜灯」 右側は 「時の鐘」 》

渡し舟は、4~50人乗りの大型舟から、数人乗りの小型舟まであったようである。
安藤広重の浮世絵には、宮の渡しの岸壁近くに停泊する帆舟が描かれている。
約4時間の船旅の後、到着するのは桑名の渡し。海が荒れることもあり東海道の難所の一つだった。

%E6%A1%91%E5%90%8D%E3%80%80%E4%B8%80%E3%81%AE%E9%B3%A5%E5%B1%85.jpg

       《桑名の渡しには 伊勢神宮 「一の鳥居」 が建てられている》

2010年02月14日

「ダンディー」

もしも女性にほめてもらえるとして、最も言ってほしい言葉を選ぶとしたら 「ダンディー」 である。
逆に、絶対に言ってほしくない言葉は 「イケメン」 (言われるわけがない!!) である。

「DANDY」 は “お洒落な男性” と訳す。“すばらしいもの” “一流の” という意味もある。
趣味のよい服装、鍛え抜かれた体 (マッチョということでなく)、爽やかな身のこなし。

外見だけでなく内面も大切。さり気ない知性、軽妙な会話、前向きな意欲と実績への自信。
俳優で言うなら 「風と共に去りぬ」 のクラーク・ゲーブル、「ローマの休日」 のグレゴリー・ペック、

「ザ・ロック」 のショーン・コネリーといったところか。日本では森繁久弥をあげたい。(古い?)
「ダンディー」 は生まれつきのものでなく、自分の努力で築き上げるところが好ましい。

%E3%82%B3%E3%82%A6%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%AD.jpg

   《姿形が美しいコウヤマキ 世界三大造園木といわれる》

2010年02月17日

「環境教育」

次の2枚の写真は、どこの “公園” の遊び場だと思いますか?

%E7%92%B0%E5%A2%83%E6%95%99%E8%82%B2.jpg

それが何と、かの有名な世界一の植物園、イギリスの 「キューガーデン」 なのです。
植物園の中になぜこんなに立派な子供コーナーがあるのでしょう? 

キューガーデンは学術的な研究だけでなく、次世代の子供教育にとても力を入れています。
小さいうちから植物に親しみ、その過程で自然や生物についての正しい知識を学んでいく。

そのための 「教育プログラム」 がたくさんあるそうです。楽しみながら学んでいくのです。
この遊具コーナーも、子供たちが植物園に足を運びたくなるような工夫のひとつなのでしょう。

ブルーボネットのお客さまの約10%が幼児です。しかし小中学生はあまり多くありません。
小中学校に、遠足や野外学習の場として選んでいただけるよう努力する必要があると思います。

2010年02月20日

「灰」

意地悪じいさんが叩き割り、かまどでくべてしまった 「臼」 の灰を正直じいさんはもらって帰った。
その灰を枯れ木に振りかけると桜の花が一斉に咲いたという。昔話 「花咲かじいさん」 である。

絵本には、桜の木に登ったお爺さんが、手に持った籠から盛んに灰を撒く姿が描かれる。
しかし私は、灰を振りかけたのは枯れ枝にでなく、根元に撒いたのだと思えて仕方がない。

昔から 「草木灰」 は作物の肥料として使われてきた。カリ分が多くリン酸や微量要素も含んでいる。
カリは 「根肥」 ともいわれ、茎や根の成長に欠かせない。リン酸は 「実肥」 といわれ・・・

開花や結実を促進する。桜の根に施せば、見事な花を咲かせること請け合いである。
灰は、かつては囲炉裏や火鉢、焼き物の釉薬などいろいろな用途に使われていた。

%EF%BC%93%E5%9B%B2%E7%82%89%E8%A3%8F.jpg

    《炭火に南部鉄の鉄瓶 懐かしい風景である》

2010年02月23日

「土」

植物の栽培にとって、土はとても重要である。根に水分・養分および酸素を供給する場なのである。
堆肥を含んだふかふかした土壌に良い植物が育つ。“花づくりは土づくり” と言われる所以である。

土壌を構成するのは、まず鉱物、すなわち粒子の細かい粘土やシルト、粒の大きな砂や礫である。
それに加えて、動物の遺骸や植物の腐った有機物 ( 「腐植」 「腐葉土」 などと呼ばれる) である。

理想的な土壌の構造は 「団粒構造」 であるといわれる。鉱物だけの 「単粒」 より優れている。
粘土やシルトは水はけが悪い。砂や礫では、降った雨がすぐに浸透してしまって水もちが悪い。

「団粒」 は大小の鉱物が、腐植が接着剤になって “おむすび” 状の塊となったものである。
団粒内部には失われにくい水が残り、団粒と団粒の隙間は水はけがよく酸素も供給されるのである。

%E5%9B%A3%E7%B2%92.jpg

2010年02月26日

「鳥」

そのころ (いつのこと?) の東山植物園の事務所は、木造の平屋建てであった。
山荘風で外壁は丸太積み、天井はへぎ板の網代張り、玄関土間は鉄平石の方形貼りである。

温室の暖房は、まだ重油のボイラーを使っていたので、職員が宿直をして監視に当っていた。
ボイラーマンの夕食は自炊だったので建物の北側に台所があり、我々も昼食をそこでとっていた。

台所の外側の小さな庭に、野鳥のための 「給餌台」 があって、いろいろな種類の鳥が集まってきた。
窓ガラスのすぐ近くだったけれど、小鳥からは中が見えないせいか、間近で観察することができた。

事務所の先輩職員に野鳥の詳しい方がいて、小鳥の性質や名前の覚え方を教えていただいた。
今、海に近いブルーボネットでは、藪に住む小鳥だけでなく海鳥も多いので楽しい観察ができる。

%E3%83%A1%E3%82%B8%E3%83%AD.jpg

《きれいな緑色のメジロ 蜜柑をついばむ姿が愛らしい》

2011年07月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2010年02月

2010年02月にブログ「園長さんのガーデンライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2010年01月です。

次のアーカイブは2010年03月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。