« 「山芋」 | メイン | 「東院庭園」 »

「1300年」

11月初めに奈良のまちを歩きました。「平城遷都1300年祭」 閉会ぎりぎりの時期でした。
この祭りの中心 「平城宮跡」 では、復元された 「大極殿」 と 「東院庭園」 を見ることができました。

特別史跡であり世界遺産でもある平城宮は、区域全体が 「遺跡博物館」 と看做されています。
今から30年ほど前に保存のための構想が立てられ、その方針に沿って発掘・研究、保存・整備・・・

が進められています。「大極殿」 は発掘調査の成果を踏まえ、専門的調査研究の末に復元されました。
東西44m、南北20m、高さ27mという巨大な建造物です。丹塗りの柱をもつ美しい宮殿です。

奈良駅からのシャトルバスは、平城宮南端 「朱雀門」 近くのバスターミナルに停まります。
そこから約800m北に大極殿が見えます。平城宮はほとんど草っ原なので見通しが良いのです。

%E5%A4%A7%E6%A5%B5%E6%AE%BF.jpg

              《見上げるような大極殿と古代の衣装を着た女性》
         

2011年07月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About

2010年11月20日 14:31に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「山芋」」です。

次の投稿は「「東院庭園」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。