« 2011年03月 | メイン | 2011年05月 »

2011年04月 アーカイブ

2011年04月01日

「ペーブメント」

ちょっと古いヒット曲ですが、今でもカラオケのデュエット曲として歌われているのでしょうか?
♪♪ペーブメントに寄り添う影が 重なるとき初めてのKiss・・・♪ 「二人の銀座」 (永六輔作詞) です。

日本に初めてエレキ (エレクトリックギター) が流行したころの大スター “ザ・ベンチャーズ”・・・
テケテケテケ・・・覚えてますか? 彼らの作曲で、山内賢と和泉雅子がデュエットしました。

当時はペーブメントが何かも知らずに歌っていました。それは、石などで舗装された道のことです。
庭園でも舗装は重要な要素です。レンガ張り、石張りなどの変化によって歩く気分が変わるのです。

ブルーボネットのペーブです。白いライムストーンの乱貼り。チップ材は足に優しい舗装です。
小舗石 (ピンコロ) では模様を描くことができます。レンガの橙色は植物の緑色とよく似あいます。

%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%96.jpg

2011年04月05日

「柵」

ベンチやペーブメントばかり掲載して、柵やフェンスが “ひがんでいる” のでご紹介します。
柵はもともと、外敵からの防護や危険地域への侵入防止などが目的ですが、庭園では・・・

動線や視線を誘導したり、つる植物を絡ませたりといったいろいろな用途に使われます。
目の高さに見えるので修景効果も高く、デザイン性が重要で、そのものが添景物にもなります。

外周は鉄を叩いて制作した 「鍛鐵」 です。八ヶ岳山麓のアトリエで制作していただきました。
木柵、格子柵、レンガ塀には “ボネットちゃん” の透かし扉。つるバラのトレリスもあります。

%E6%9F%B5.jpg

       

2011年04月09日

「ショウジョウバカマ」

香嵐渓でカタクリが最盛期! と聞いてどうしても行きたくなりました。昨年も同じころに・・・
出かけたのですが、ちょうど前の日に雨が降ったので、良い写真が撮れなかったのです。

赤い橋を渡ってすぐの土手に、ピンクの可愛らしいショウジョウバカマが咲いていました。
シャッターチャンスと眺めまわしていると、この花が何かに似ているように思えるのです。

しばらく考えていて気がつきました。あの高松塚古墳・西壁に描かれている 「女子群像」 です。
「猩々袴」 の “はかま” のイメージから連想したのかもしれません。でも似てますよね。

この日は天気もよく暖かだったので、ゆっくり山野草の観察ができました。もちろん・・・
カタクリの写真もたくさん撮りましたが、なんといってもこの写真が一番の収穫だと思います。

%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6%E3%83%90%E3%82%AB%E3%83%9E.jpg

                 《また奈良・飛鳥へ行きたくなりました》

2011年04月13日

「ぎぼうし」

伊勢神宮・内宮の宇治橋は平成21年に新しくなり、11月3日に渡始式が行われました。
この架け替えも、「第62回神宮式年遷宮」 (平成25年) の一環として行われたものです。

内宮の入口にあたる宇治橋は、五十鈴川の清流を渡る和橋で、「お伊勢さん」 の象徴ともいえます。
欄干の親柱には、その頭に 「擬宝珠」 (神宮では“葱花型金物”と呼ぶそうです) がついています。

擬宝珠は橋やお寺の階段などの装飾ですが、木材の腐朽防止の目的もあり青銅などでつくられます。
植物の 「ギボウシ」 (ホスタ) は花の蕾の形が、この擬宝珠に似ているので名づけられました。

この植物の仲間は東アジアに広く分布しますが、特に日本には多くの種類が自生しています。
シーボルトが持ち帰って以来、欧米でも人気を博し、たくさんの園芸品種が作出されてきました。

%E3%82%AE%E3%83%9C%E3%82%A6%E3%82%B7.jpg

        《斑入りやライム色など葉の色も豊富で、半日陰の庭によく使われます》

2011年04月17日

「鹿の子模様」

小学校2~3年のころ、学校の授業でウォルト・ディズニーの映画 「バンビ」 を観にいった。
当時の子ども向け映画は 「東映時代劇」 全盛であり、白黒の “チャンバラ” 映画ばかりであった。

その中での 「バンビ」 登場は、強烈な衝撃であった。まずオールカラーであり、さらに “漫画”・・・
(当時はまだ、アニメなどという言葉はなかった) が動いて、喋るのである (しかも英語で)。

子どもたちは皆、ビックリしてしまった。そして、バンビのことが大好きになったのである。
バンビは鹿の子ども、森の動物 (ウサギやスカンク?) や小鳥たちとは大の仲良しである。

勇気あるバンビは山火事の中で動物たちを助け、ついには父親の後を継いで “森の王様” になる。
子鹿の背中は、いわゆる “鹿の子模様” になっている。バンビにも綺麗な斑点がついていた。

%E3%82%AB%E3%82%B4%E3%83%8E%E3%82%AD.jpg

《樹皮が “鹿の子模様” になっているカゴノキ (クスノキ科)》

2011年04月21日

「鯉のぼり」

今年の桜は、どこか寂しげである。大地震の被災者を思って夜桜点灯などを自粛する所も多い。
それでも桜は確実に時を知っていて、美しく咲いているのだった。岩倉市の五条川を歩いてみた。

桜は川面に向かって枝を広げ、両岸の枝がぶつかりあい、下は水面にも届きそうである。
ソメイヨシノの枝は横張り性である。水面に反射する光を求めて空間へ、水面へと伸びていく。

町の観光ポスターなどで、この川の水で鯉のぼりの生地を洗っている景色を見たことがある。
「のんぼり洗い」。一度、本物を見たいと思うのだが、残念ながらこの日は行われていなかった。

端午の節句に男児の出世を願って飾られる。日本独自の風習で江戸時代の武家から始まったという。
被災地の方々が、美しい桜を愛でたり、鯉のぼりを揚げることが早く出来るよう願うばかりである。

%E9%AF%89%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A.jpg

   《 ♪♪屋根より高いこいのぼり 大きいまごいはお父さん・・・♪ (文部省唱歌) 》

               【このブログもとうとう365回を数えます】

2011年04月25日

「北海道の花園」

十勝平野・帯広に夢の花園がある。「紫竹ガーデン」、85歳のおばあちゃんが主宰するお庭である。
今から20年ほど前、希望を失ったおばあちゃんが、新しく見出した生甲斐は庭をつくることだった。

子どものころ、花を摘んだり走り回ったりして遊んだ野原やお花畑を自分の手でつくろう・・・
と思い立ったのである。延々と続くジャガイモ畑や牧草地に見つけたのは、6haほどの土地である。

家族や友人の協力によりつくり始めたお花畑は、いろいろな困難を乗り越えて平成4年にオープン。
今では北海道を代表する花のガーデンになった。年間10万人を超えるお客さまが訪れるという。

今年のゴールデンウィークに、JR名古屋タカシマヤで、このお庭を再現した展覧会が開催される。
なごやガーデニングショー 『北海道夢の花園物語・紫竹おばあちゃんの幸福の庭』 展である。

%EF%BC%92%E7%B4%AB%E7%AB%B9%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%B3.jpg

             《10階の特設会場にて 4月28日から5月3日まで開催》

2011年04月28日

「おばあちゃん」

紫竹おばあちゃんとの交流は3年前から始まりました。日本ハンギングバスケット協会の大会が・・・
札幌で開催されたのです。大会のシンポジュームで、おばあちゃんは講師としてお話しされました。

翌日の見学会では、紫竹ガーデンを訪問しました。ご案内の後、著書にサインをいただきました。
10年ほど前、ブルーボネット開園に当って、このお庭を参考にとスタッフが訪問しています。

そのことも覚えていて、両園は “姉妹園” ならぬ “姉弟園” だねとおっしゃってくださいました。
今回、名古屋高島屋でのイベント開催に当って、“名古屋で行うなら、ぜひ森田さんに設計を” と・・・

依頼してくださいました。私は東山植物園やランの館など広い庭園や公園の経験はありますが、・・・
デパートという室内での設計は初めてですので、どんなことになりますやら? 請うご期待を!?

%E7%B4%AB%E7%AB%B9%E3%81%8A%E3%81%B0%E3%81%82%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93.jpg

            《ピンクの洋服の似合う可愛いおばあちゃんです》

2011年04月29日

「ガーデニング・ショー」

花や緑のある “ガーデン” は本来アウトドアのものである。例外的に、温室やアトリウムなど・・・
室内に庭園をつくる場合はあるが、これとて、ガラス室であって陽の光の当たる場所である。

しかし、デパートの催事場や商品展示場など全く陽の当らない室内で庭園を展示することがある。
「ガーデン・フェア」 とか 「ガーデニング・ショー」 などという、期間を限定したイベントである。

名古屋では、中日ドラゴンズのホーム球場で毎年開催される 「フラワードーム」 が有名である。
JR名古屋タカシマヤでも、10階の催事場でガーデニング・ショーを毎年開催している。

今年は5回目で 「北海道・紫竹ガーデン」 をテーマとしたものである。昨日の4月28日に開会し・・・
5月3日までの会期である。庭園デザインの設計・施工は私が担当した。なかなか出来がいい!?

%E9%AB%98%E5%B3%B6%E5%B1%8B%E3%81%AE%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%BC.jpg

《上は入口の花飾り 下は野の花ガーデンとシンボリックなガゼボ》

2011年07月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About 2011年04月

2011年04月にブログ「園長さんのガーデンライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2011年03月です。

次のアーカイブは2011年05月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。