« 「アクセス数」 | メイン | 「ふたたび」 »

「またたび」

中部電力は岐阜県郡上市に 「内ケ谷の森」 と呼ぶ、1100haにも及ぶ広大な山林をもっている。
この森は、中電の前身 「名古屋電燈」 の時代から、100年近くも守り続けている森林である。

長良川の源流でもあるこの森は、豊かな自然を育むような、丁寧な維持管理が行われている。
また、一般市民の方に森の大切さや、自然の楽しさを知っていただけるような活動・・・

「森への招待状」 事業を行っている。 先日長年の念願が叶って、この森を歩くことができた。
多くはスギやヒノキの造林地であるが、部分的に本来の落葉広葉樹の森が混ざっている。

日本海と太平洋への分水嶺に当たるこの山地には、日本海気候の植物もあって豊かな植生である。
写真は 「マタタビ」、猫に実などを与えると陶酔状態になることで有名なツル植物である。

%E5%86%85%E3%82%B1%E8%B0%B7%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%82%BF%E3%82%BF%E3%83%93.jpg

  《見事なV字谷になっている》   《先端の葉が白く染まっているので遠くからでもよく分かる》

2011年07月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

About

2011年06月25日 14:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「アクセス数」」です。

次の投稿は「「ふたたび」」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。