Flowers in full bloom見頃の花

  1. HOME >
  2. 見頃の花 >
  3. アルメリア

3月〜4月

アルメリア

植物名:アルメリア
学名:Armeria
別名:ハマカンザシ

名古屋港が一望できウォーターフロントを飾るアルメリアは、ケルト語(アイルランドに残る少数民族語)で「海に近い」と言う意味を持つ花です。和名は「浜簪:ハマカンザシ」浜辺に咲く簪と言うイメージで付けられました。アルメリアには多くの花色があり赤、白、ピンクなどがあります。
海外では海のそばで咲くピンクの花「Sea pink」その他に「レディース・クッション」とも呼ばれています。アルメリアは、ウォーターフロントにぴったりの花。つまり自生環境をそのまま示している花なのです。
この花は、長い茎の先に小さな花がまとまってボール状(直径2㎝ほど)に咲き、糸のような細い葉の間から次々と伸びています。触ってみると少しカサカサしていてドライフラワーのような感じです。小さな花が助け合って咲いている事から「心づかい」「思いやり」と言う花言葉が付けられています。こうしてみると花言葉は、花の形やその花のルーツに大いに関係している事がわかります。
豊富な色のバリエーションと、簪のように可愛らしいアルメリアは、草丈が10cm~20cmくらいなので、花好きの方には鉢植えで贈るのがオススメ。相手から喜ばれること間違いなしです。アルメリアはガーデニングにもピッタリ。たくさんの花茎を伸ばすので、コンテナや花壇がとてもにぎわいます。寒さや暑さに強く、日当たりが良ければ、比較的どのような場所でもよく育ちます。この2点をおさえておけば初心者の方でも手軽に出来ます。
日に日に暖かくなってきました。園内はバリアフリーなので車椅子の方でも気軽に楽しめます。ぜひ名古屋港ワイルドフラワーガーデン“ブルーボネット”で庭づくりのヒント、そして植物たちの生命力を肌で感じてください。

日本・テキサス友好の庭(2021年3月撮影)
見頃の花一覧へ