Flowers in full bloom見頃の花

  1. HOME >
  2. 見頃の花 >
  3. クリスマスローズ

3月〜4月

クリスマスローズ

植物名:クリスマスローズ
学名:Helleborus × hybridus
別名:ガーデン・ハイブリッド

「冬の貴婦人」と言われるクリスマスローズ。寒い季節にうつむいて咲き、そしてクリスマスの時期にバラのような美しい花を咲かせる事からこの名前が付きました。和名は「寒芍薬:カンシャクヤク」「初雪起し:ハツユキオコシ」素敵な名前ですね。花が少ない時に咲く常緑の花で、他の植物ではあまり見られない美しいシックな色合いが特徴です。ロマンチックな名前と、可愛らしい花びらから花束にもよく使われます。それでは、クリスマスローズの花言葉の意味や由来などをご紹介しましょう。
花言葉は「追憶」「私を忘れないで」とちょっとセンチメンタルな気持ちにさせる言葉です。中世のヨーロッパで兵士が戦場に行く時、自分の事を忘れないで欲しい、と言う願いを込めて恋人にクリスマスローズを贈った事に由来しているそうです。寒さに耐え、早春の庭で下向きに咲く姿と、もう会えないかもしれない戦士たちの、不安や寂しさが重なって付いた花言葉。何とドラマチックなんでしょう。草丈が短く、楚々とした姿は、他の花にはない風情があります。
続いてクリスマスローズの飾り方、花束についてですが、この花は比較的くすんだ花色が多いので、一輪挿しで飾る時の器選びのコツは、明るいイメージの背の高い器を選ぶのがポイント。こうした点に注意するとたった一輪でも存在感がありますよ。
またプレゼントにする時は、なるべく同系色の花を混ぜると冬の貴婦人らしい品のいい花束になります。もらったらすぐに花瓶に生けましょう。アレンジならそのまま飾る事ができるので便利です。口数は少ないけれど優しい心をもっている、そんな方に贈るならこのクリスマスローズ。春の一日、“ブルーボネット”の「貴婦人」に会いに来ませんか?

カラースキームガーデン前(2021年3月撮影)
見頃の花一覧へ